AirStyle

スノボ初心者向け滑り方講座と練習方法 - 初心者向け解説


スノーボードで連続ターンが出来るようになるまでの滑り方(楽しみ方)です。なるべく専門用語を使わずコツや感覚をイメージしやすいように説明しています。滑る時はこまめに水分補給をすることと、1時間半から2時間に1回は休憩をしましょう。

滑る前に軽い準備運動を必ずおこないましょう。

イントロダクション

  1. スキー場の選び方………初心者に向いているスキー場の選び方。
  2. 用具の装着方法…………バインディングへの装着方法など。
  3. ルールと危険予習………ルールや危険を予習して事故のないように楽しく滑ろう。
  4. 怪我の予習と対策………スノボで怪我をしやすいのは、頭・手・膝・他です。
  5. もし頭をうったら?……症状が直ぐに現れるとは限らない。強打したら脳外科のある病院へ。

滑り方:曲がり方、止まり方、リフト乗り降り

  1. スケーティング…………片足を固定したまま滑って移動する方法。
  2. 転び方……………………痛くない転び方が出来れば一人前。
  3. 止まり方…………………止まることが出来るという安心感は上達への近道。
  4. 曲がる方法………………自分の意思で曲がりたい方向に進めると嬉しいですよ。
  5. リフトの乗り降り………デビュー最初の関門がリフト。特に降りる時はドキドキだー。
  6. Q&A情報…………………よくある質問です。

以上のことが出来れば初心者卒業です。連続でターンが出来るようになったら、色々遊び方を見つけてスノーボードを楽しんでください。

元初心者の練習記録〜こんな失敗&気持ち〜

始めてから何回かは、ほとんどの人が上手く止まることが出来ないし曲がれません。数回すべれば少しは曲がれるようになるはずです。試行錯誤をしながら楽しんで練習してください。1〜2回滑ってみて、コツをどうしても知りたい人はスクールをお勧めします。誰でも最初はみーんな初心者です。下手でもカッコワリーとか思わず頑張って練習しましょう!


  • 白銀の世界へ……スノーボード初心者の頃を思い出して記録にしてみました。

Last Update : 2011.11.26


関連ページ


  • 特になし