AirStyle

初心者向けのスキー場:スノボ初心者向けの滑り方講座


初心者向けのスキー場を選ぶポイントを紹介しています。初めて滑るのであれば、CM等で聞いたことがあるという理由ではなく、滑りやすいコースがあるスキー場を選んだほうがいいですよ。


スキー場を選ぶポイント

  • 斜度………………最大14度、平均斜度12を目安に選ぶと。
  • コース幅…………連続ターンが出来るまでは、50m以上は欲しい。
  • 滑走距離…………600〜800mぐらいがベスト。
  • 独立している……初級コースの上部に、中級・上級コースがないこと。


斜度

斜度は最大斜度と平均斜度があります。最大斜度が気になるところですが、目安にするのであれば平均斜度です。ウィンタースポーツが初めてであれば、平均10度〜14度ぐらいが止まり方、曲がり方の練習をするのに向いています。

オススメ平均斜度を実際に滑ったが、怖くて曲がれない無理という人は、平均6度という超緩斜面のコースがあるので探してみてください。ただし、林間コース等の幅が狭いコースではなく、幅の広いコースを選びましょう。

緩斜面と超緩斜面に共通して注意することは、逆エッジ(簡単にいうとつまずく)に成りやすく、転ぶと衝撃が大きいです。そのため、手をついたりせず滑りこむ感じで転んでね。



コース幅が広いところ

斜度と同じぐらい選ぶポイントで重要なのがコースの幅です。連続ターンが出来るようになるまでは、幅の広いコースで曲がる練習をしたほうが上達しやすいです。だいたい50m以上あれば十分、林間コースは幅が狭いので連続でターンが出来るようになるまでオススメしません。

コースの幅を記載しているスキー場がまだ少ないので、レポートでおすすめのスキー場を紹介できるよう頑張ります。



滑走距離は?

初めてコースに出たときは、ターンを覚えるよりも滑り降りるだけでいっぱいいっぱいです。初めてのスノボであれば600〜800m、長くても1000mほどが適度な距離かと思います。

  • 転んでもすぐに起きて滑れると思う方は、1000mぐらいのコースでも大丈夫。
  • のんびり滑りたい方は、600〜800mぐらいがオススメ。

初心者を教えた時に測った時間

平均斜度7度のコースを、約1000m滑り降りてくるのに要した時間は、中級者が数分で滑り降りてくるコースを、初心者はだいたい40分〜1時間20分ぐらいでした。



独立している

初心者が安心して滑れるコースの条件として、コース上部に中〜上級コースが無いことがのぞましいです。なぜかというと、中級コースを滑る勢いのまま初級コースも飛ばして滑るスキーヤーやスノーボーダーが少数居ます。

距離を開けて追い越してくれれば問題ないけど、かなり近くを滑り抜けて行くので気が気じゃないです。こういう理由があるので、出来ることなら他のコースとは独立している初級コースを探してみましょう。

また、一部のスキー場ではゲレンデの片隅に、初心者専用の場所をネットで囲ってあります。いきなりコースに出るのは自信が無いという人にはオススメ。ただ、滑走距離が100mに満たない専用ゲレンデがほとんどです。コースの幅もないので、止まり方と木の葉で滑り降りる感じをつかめたら、初級者コースに移動しましょう。


Last Update : 2011.11.22


関連ページ


  • 特になし