AirStyle

止まり方、止まる方法:スノボ初心者向けの滑り方講座


スノーボードにおける止まり方を学びます。止まり方と転び方は安全に滑るための一番最初に覚える技術です。止まり方を練習する時のポイントは、足の裏から伝わる感覚に意識することです。



斜面で立つ

止まり方の練習をするには、まず斜面に立つことから始まります。かかと付近に力をいれつつ、エッジを意識しながら立ちます。慣れるまではズルズルと滑り落ちますが、一日が終わる頃には慣れます。

斜面で立つ

立つ前にボードで雪を削ってみよう。

  • 座った状態で、ボードを2〜3cmほど浮かせてみます。
  • かかと側のエッジで雪面をザクザクと軽く削ってみます。
  • かかとから伝わる感覚を手がかりに、エッジを雪面に立てながらゆっくり立ち上がります。
  • 立った時の姿勢は、少しだけ腰を落とします。腰を落とすと必然的に膝も少し曲がるはずです。慣れるまで太腿の前側が筋肉痛になる。


横滑り:ゆっくり斜面を滑り降りる方法

斜面に立てたらボードを横に向けたまま、滑る止まるを繰り返します。この練習はエッジ(ボードの縁にある金属)をどれくらい雪面に立てればブレーキをかけることができ、緩めていくと徐々に滑り出すということを学べます。

この横滑りは、自分の技術では上手く滑れない斜面に来てしまった時、安全に滑り降りてくることが出来るので、ぜひ覚えてください。


画像2

谷川を向いている場合

  • バックサイド(かかと側)のエッジで踏ん張っていますよね。
  • 両足のつま先を少し下げるだけで、ズルズルと谷側に滑ります。力が均等じゃないと、右か左へ滑りだします。
  • 止まる時は、かかと側のエッジで止まります。

画像2

山側を向いている場合

  • フロントサイド(つま先側)のエッジで踏ん張ります。
  • つま先のエッジに掛かっている力を抜くと、ズルズルと滑りだします。滑りだす時は、進行方向に顔を向けること。
  • 後ろ向きになるので、少し怖いですが頑張りましょう。


前向きに止まる

画像1

軽く膝を曲げた姿勢で滑っていますよね。

止まりたい時は、膝を曲げた姿勢から伸び上がり、伸び上がりながら前足のかかとを軸にして、後ろ足の少しつま先を浮かせながら前方向に動かす。


画像2

脚を前に動かしながら、かかと側のエッジ(左の画像の赤い部分)を意識しながらブレーキをして止まります。

スピードが出てる時や斜面が急な時は、止まる瞬間に少し腰を落として止まるようにすると、ちゃんと止まれるし前にぶっ飛びません。



背中を向けて止まる

画像3

フロントサイドの止まり方も基本的に一緒。進行方向を見ながら、前足を軸にして後ろ側の脚を後方向に滑らして動かします。

コツは、後ろ足のかかとを少し浮かせながら、つま先で雪面を滑らす感じでやる。動かす動作は何回か試してみると、わかってきますよ。


フロントサイドのエッジでブレーキ

脚を後ろに動かしたら、つま先側のエッジ(左の画像の赤い部分)でブレーキをしながら止まります。

止まる時、かかと側のエッジを少し浮かせることを忘れると、エッジが雪面に引っかかり、後頭部から叩きつけられます。初級コース(緩斜面)では特に注意してください。



Last Update : 2011.11.25


関連ページ


  • 特になし