AirStyle

曲がり方(ターン):スノボ初心者向けの滑り方講座


何となく止まれるようになったら、いよいよ曲がりたい方向に滑る練習です。まず最初の練習は、ターンが出来るキッカケの練習です。このページの下にスクロールするほど曲がる練習になります。

曲がりたい方向に滑れるようになると嬉しい。連続でターンが出来るようになるともっと嬉しい。左右にターンする方法、連続でターンをする方法を紹介。



木の葉落とし:曲がらずに斜めに進む方法

横滑りをしながら左へ右へと斜面を滑り降りることを木の葉落としといいます。木の葉落としは、自分の技術ではターンが難しい急斜面でも滑り降りることができます。


画像1

右に行きたい時は、止まっている状態から右足に加重(ギューッと力を加える)すると右へ滑り出します。この時に足元を見ないで、行きたい方向を見ること。

怖がっていると上手くいきません。10センチでもいいから頑張ってみよう。自分で意識して出来るようになると、「おっ、出来たー」と少しだけ感動を味わえるよ。


画像2

次は左足に加重して滑りだします。これを右へ左へ繰り返して、20〜30mほど滑り降りてみましょう。慣れてきたら目標を決めて、そこへ向けて滑ってみます。

これが出来るようになったら、ちょっと怖いけど、山側を向いて同じ事をしてみましょう。滑りたい方向を必ず見ながら滑ること。



カービングターンとは

カービングターンは、曲がりたい方向のエッジをギューッと踏んで曲がります。板はほとんどズレないのでスピードがあまり落ちません。


画像5

腰を落とし膝は少し曲げた姿勢で滑りだす。スピードが出ないうちに、曲がりたい方向を見る。

少し伸び上がり直ぐ腰を落とす。腰を落としながらかかと側のエッジにギューッと力を入れ続ける。自然と左方向へ弧を描いて曲がるので適当な位置で止まる。


画像6

進行方向の右側に曲がる時は、フロントサイド(つま先側)のエッジに対して、少し伸び上がりながらギューッと踏むと曲がれます。

伸び上がりから加重をかける一連の動作は、スムーズに連続させておこないます。



ドリフトターンとは

ドリフトターンは、曲がる時に板を意図的にズラしながらターンをします。雪面を少し削りながら曲がるので、スピードを制御することが出来ます。

ターンを練習する時は大げさな動作でやってみよう。慣れてくれば少しの動作で曲がれるようになります。もう一つ忘れていましたが、滑る時は棒立ちで滑らないで、腰を落として膝を少し曲げた姿勢です。



上手く曲がれない原因かも

上手く曲がれない原因の一つに、怖がって(無意識でも)しまい体が斜めっていませんか? 怖がっている人は、後ろ足に体重が乗りすぎてしまい、ターンをしずらい姿勢になっていると思います。このような状態では、根性論で勇気を出してと言われても思うようには曲がれません。

曲がれずに徐々にスピードが増して行き怖い思いを経験した人は、体を前に出そうという気持ちはあるんだけど、怖くて腰が引けちゃっているので、どうしても徐々にスピードが出てしまいます。スピードが出ると余計に怖くて後傾になってしまいます。

体の姿勢がどうなっているのかは、一緒に滑る経験者が居れば確認してもらいましょう。一人の場合は大げさで構わないので、後ろ足よりも前足に少しだけ体重がかかるように、進行方向に上半身を傾けてみる。


画像1

左の画像は、斜面に対して体が斜めなので、スピードが出てしまいます。普段の生活で階段や坂道に立つと、左の画像みたいな姿勢になりますよね?

スノーボードで滑る時は、斜面に体を合わせないといけません。斜面に慣れないうちは、無意識に後傾になってしまうので気をつけましょう。


画像2

解決方法としては、滑り始めたら体を斜面と平行になるよう意識する。真っ直ぐに3mほど進んだら止まるを繰り返して、いつでも止まれるんだという気持ちを持ちましょう。

今度は真っ直ぐ滑り出したら曲がる方向を見たまま直ぐにターンをする。少しでも曲がれたらブレーキをして止まる。これを左右繰り返す。


一口メモ

たくさん転ぶと思うので、根を詰めすぎずに適度な休憩を取りましょう。上手く滑れなくて自問自答するかもしれませんが、一番楽しい時でもあるので、色々と遊びながら楽しんで練習しましょう。

Last Update : 2011.11.25


関連ページ


  • 特になし