AirStyle

リフトの乗り方&降り方:スノボ初心者向けの滑り方講座


スノボ初心者にとって滑る技術以前に最初の難関がリフトです。リフト乗り場が凍っていて、ツルッと滑ってリフトを止めたり、降りる時に失敗してまたリフトを止めたりと、慣れるまでは大っキライなリフトでした。高いところが苦手なので、スルーできるものならスルーしたいリフトの乗り方と降り方です。

オススメのリフトは、クワッドや高速リフトがオススメです。高速リフトというのは、乗り降りはゆっくり、乗り降り以外は早く移動するので快適です。



リフトの種類

  • シングル………絶滅寸前の一人乗り。背もたれが無い。少し降り辛い。スピードはゆっくり。
  • ペアリフト……昔ながらのリフト。乗り場で減速しないため、初心者には少し難度が高い。
  • 高速リフト……乗り降り時に減速する初心者向けリフト。
  • フード付………吹雪時に活躍。フードを支える棒が椅子に接地する。太腿が挟まれないように注意。
  • 足乗せ付………ボードやスキー板を装着したまま乗せられる。乗車時間の長いリフトだと足が楽。
  • ゴンドラ………板をドア付近の器具に差し込むか持って乗ります。初心者にオススメ。


乗り方

初めてであれば他の人の乗り方を見てください。乗り場に着いたら、軸足は装着したまま、もう片方はバインディングのハイバックを倒した状態にします。


画像1

自分の番がきたら停止線(行けば分かります)の前でリフトを待ちます。

心配であれば、「初めてなのでゆっくりにしてください」と伝えれば、止めてくれるかスピードをゆっくりにしてくれます。男の人でも遠慮しないでお願いしましょう。


画像2

停止線で待つと椅子が近づいてくるので、座れる位置に来たら座る。セーフティーバーがあれば下ろします。

速度が減速しないペアリフトは、椅子を手で軽く押さえながら乗らないと、足裏に椅子がゴツンと突撃します。


画像3

リフト降り場までのんびり景色を見ながらくつろぎましょう。でも寝ないでね。あと、乗車中に停止することが何度かあると思います。乗り降りでリフトを停止させたことによる理由がほとんどですので、いずれ動くので気にせず待ちましょう。

絶対にやっては行けないことは、飛び降りることです。これをやられると反動で搬器が上下に揺さぶられ、他のお客さんが落下したり等危険です。



降り方

リフトの降り方も簡単ですが、初心者は基本的に、降り場の斜面で転ぶか、斜面をスケーティング出来ずにパタパタ音をたてながら降りています。


画像3

降り場付近の標識に従いバーを上げます。降り場が近づいてきたら、ボードを進行方向に向けます。

ボードが雪面に着きはじめるので、後ろ足をデッキパッドに乗せる。


降りる

平らな場所になったら、椅子から腰を浮かせてスケーティングの姿勢になります。片手は座席先端を押さえます。

リフトが押す力を利用して、体を斜面に合わせながら離脱。リフトの速度がゆっくりな時は、平らな場所からスケーティングをして離脱します。


座席を押しながら離脱

滑ってくる人の邪魔にならない場所でバインディングを装着。

もし降り場で転んだら、迫るリフトに注意しつつ起き上がり、端によけます。

降り場で転んだり危ない時は、係りの人が止めてくれます。極稀に運転台にいる係りの人が漫画に夢中で気付かないスキー場もありますが極一部です。



一口メモ

初めての人はリフト係に「初めてリフトに乗ります。」と一声かけてみましょう。ほとんどの係員さんが、リフトの速度を調整してくれたり、乗るタイミングを教えてくれます。

また、降り場の斜面は緩い斜度もあれば、ちょっと急な斜度もあります。奈落の底に落ちるわけではないので、数メートル怖いのを我慢して斜度に体を合わせましょう。

Last Update : 2011.11.26


関連ページ


  • 特になし