AirStyle

スノボをレンタルしてみよう! - 初めてのスキー場ガイド


スノーボードを一式揃えると総額で約5〜6万円、格安で3万円ほど必要になります。シーズン前であればお小遣いを貯めたり、バイトをしてお金を貯めればいいのですが、スノーボードに誘われるのはシーズン真っ只中ですよね。せっかくのお誘いを断るのはもったいない。

そこで、レンタルを利用して滑っちゃいましょう。レンタルでスノーボード一式と防寒具一式を全部借りると1日大体4,000〜7,500円(日数によって割引をしてくれる店もある)です。センターハウス内のショップよりも、周辺にあるレンタルショップのほうが安いので、予定をたてる時に候補に入れてみてはどうでしょう。



レンタルショップの場所はどこ?

スキー場の建物の中か、駐車場近くにあります。知名度のあるスキー場だと、周辺にもレンタル屋があって、スキー場で借りるよりも少し料金が安いです。

岩原スキー場リゾートセンター2
湯沢中里のレンタルショップ

レンタルショップで借りられる物

レンタルショップで滑るために必要な物は大抵借りることが出来ますが、ビーニー(帽子)、グローブ、ゴーグルは貸していないショップが多いので、事前にレンタルを利用するスキー場HPか周辺のレンタルショップで借りることが出来るか確認をしておきましょう。グローブやゴーグルはスキーでも使えるので、買っても損はしませんよ。


必要なもの

  • ボード + バインディング
  • ブーツ
  • ウェア
  • グローブ
  • ゴーグル
  • ビーニー


借りるときは身分証目書を忘れずに

レンタルを利用する時は身分証明書(免許証等)が必要になるので、忘れないようにしてください。用紙に経験年数・身長・体重等の項目があるので記入します。記入後にブーツとボードのサイズ合わせをします。

ボードの長さを選ぶときは、伸長マイナス15センチ〜20ぐらいが調度良いです。体重が軽い人や脚力があまり無い人はマイナス20センチぐらいがオススメ。


チェックポイント

  • ウェアにリフト券を入れるパスケースが付いているか?無ければパスケース(数百円)を購入。
  • ブーツを履いて少し足踏みしてみる。
  • ブーツのつま先が窮屈じゃないか?ぶかぶかしていないか?を確認。
  • バインディングのバックルを締めてみる。締めても緩いのはブーツとのサイズが合ってない。
  • リーシュコード(流れ止め)は付属されているか確認。


更衣室

センターハウス併設のレンタル及び周辺のレンタルショップどちらも更衣室があります。男性用と女性用に大抵分かれています。



返却について

滑り終わったらボードやバインディングに付着している雪を、あるていど落としておきます。雪を落とすためのブラシやエアブラシを設置しているスキー場もあるので、あったら利用すると雪を簡単に落とすことができますよ。

Last Update : 2011.11.29

関連ページ


  • 特になし