AirStyle

スキー場リフト券の種類


リフト券の解説。

回数券
ICチップ

1回券

初めて滑るor連れが初めての時は、1回券でとりあえずコースを滑ってみると良いです。30分ぐらいで滑り降りれて、もっと滑る気があれば他のリフト券を買うと良いです。30分以上かかるようだったら回数券を買ったほうが、元を取ろうと思って無理をして滑ることもないし、のんびり練習出来ます。

午前券・午後券

午前券は開始〜12時で、午後券は12時〜17時までです。午後券にはナイターも使えるお得なロング午後券や午後&ナイター券を売っているスキー場もあります。

1日券

開始〜17時まで使えます。1日券を買って朝から滑って、お昼を食べてまた午後も滑れます。上手くなったら1日券を買いたいです。

4時間券

スキー場に到着した時間が10時とかで、午前券だと残り時間が少ないし、午後券を買うために待つのもなんだかなーって時に便利です。お昼を食べないで4時間めいっぱい滑ればかなり滑れます。あと午後券買うよりお得なので、午後1時に付いて5時まで滑るなら4時間券を買ったほうが価格的にお得です。

ナイター券

17時〜最後まで使えます。ナイター券の隠れたオプションはやっぱり夜景が見れることかな。ただし、眼下に街がないと見れません。(そりゃそーですね)<BR>
湯沢エリアとかだとスキー場がたくさんあるので、コース上から他のスキー場のコースが遠くに見えて綺麗ですよ。

シーズン券

シーズン券やシーズンパスといった名称で販売されています。10月〜11月の時期にスキー場HPを見ていると、早期割引で買うシーズン券を募集しているので、通常販売されているシーズン券よりも少し安く買うことが出来ます。また、スキー場によっては駐車券付きのシーズン券もあるので、よく行くスキー場や近くのスキー場を調べてみると良いですよ。

リフト券を安く買う方法!

各スポーツショップに割引券が置いてあったり、スキー場HPに割引券の情報があったりします。あとは、ヤフーオークション等で安く出品されているリフト券を買うとかかなー。これは商品が届かないなどのリスクが無いとはいえないので、気を付けてください。

また、スキー場の駐車場内でリフト券を安く買わないかと声をかけられたとしても、断ってくださいね。

上記リフト券の他にも、スキー場近郊エリアで使える共通シーズン券,共通1日券や、ロング午後券といったお得なリフト券もあるので、スキー場HPなどでチェックしましょう!

Last Update : 2011.11.29

関連ページ


  • 特になし