AirStyle

レンタル用品について - バスツアーで格安スノボ旅行


レンタルで借りれる物について、受け取りから返却までの流れです。服装については、動きやすければツアーに参加される格好で構いません。

ただし、初心者のうちはゲレンデで尻もちを着いたり、座る機会が多いので、ウェアの防水がイマイチだと若干濡れます。そのため、腰の辺りが濡れてもいいように、替えの下着等を用意しておくといいかもです。



レンタル出来るもの:ステップ1

ボードセット、ブーツ、ウェアは基本的に借りることが出来ます。レンタルしているかどうか確認したほうがいいのは小物類です。

小物類は直接肌に触れるため、使用毎にクリーニングする等の手間がかかるためか、レンタルショップでは衛生上の理由として貸出をしていないショップもあります。

そのため、バスツアーのHPと滑りに行くスキー場のHPで、借りられるレンタル用品を確認してください。ツアー会社のサービスで、小物類を付けたオールセットをレンタルできる会社もありますので、気になるようであれば探してみてください。

また、レンタル用品のラインナップに無くても、ビーニー・グローブ・ゴーグルは売店でたいてい買うことが出来ます。それほど高くないしかさ張らないので、事前にお近くのスポーツ店かネットショップで、気に入った物を購入しても良いかも知れません。


滑るために必要な物

  • スノーボード(ビンディングはセットしてあります)
  • ブーツ

防寒具や小物

  • ウェア
  • グローブ
  • ビーニー(帽子)
  • ゴーグル


申し込み:ステップ2

レンタル付きのパックを申し込んだ方は、添乗員からクーポン券(或いは引換券・割引券)を受け取り、スキー場到着後に引渡しとなります。引き換え場所は、クーポン等に明記してあるか添乗員から説明があると思います。

レンタル申込書に、必要事項(身長・体重・足のサイズ)を記入して提出します。あと、身分証明書(運転免許証など)の提示が必要なので忘れないようにしましょう。

  • 往復交通費のみ:センターハウス等のレンタル受付で各自借りる。
  • レンタル付きプラン:クーポン券をレンタルセンターで交換します。


サイズについて:ステップ3

レンタル出来る主なサイズは、ブーツ22cm〜28cm、スキー板は160〜185cmボード板は140〜160cm、ウェアはS・M・Lがバスツアーでレンタル出来る一般的サイズです。サイズが合わなそうであれば、問い合わせをしてみてください。



受け取り&サイズ合わせ:ステップ4

申込書を渡したら体型に合うサイズのボード一式を渡されます。ウェアを更衣室等で先に着てからブーツを履きます。

ブーツのサイズ合わせは、紐を緩めてブーツを広げてから足を入れます。フィット感としては、つま先ゆったり足首と脛ぴったりであれば大丈夫です。スキーのブーツよりは履きやすいですが、それでも慣れないとブーツの足首付近で手こずるかも。

足を通してみたら紐を結んで少し足踏みしてみましょう。もし、若干緩い or きついとかサイズが合わなければ遠慮無く交換してもらいましょう。

レンタルショップのチームワークが悪いと、このサイズ合わせで利用者の回転が悪くて、借りられるまでに時間がかかることもあるので、覚えておいてください。



返却:ステップ5

借りたスノボ一式とウェア等は、付着した雪の塊を軽くでいいので落とします。センターハウスの出入り口付近に、ブラシやエアスプレーを備えているスキー場もあるので、これを使うと楽に落とせます。

返却が終わったら、軽く足などをストレッチをしてクールダウンすることをオススメします。バスで足を伸ばせないのと、筋肉痛を少しでも軽くするためです。



Last Update : 2011.12.05


関連ページ


  • 特になし