AirStyle

湯沢エリアにあるスキー場周辺の道路 - 車で行こう


新潟県湯沢町にある苗場スキー場とかぐらスキー場周辺の道路です。基本的に新潟市から湯沢方面の写真が主なので、東京方面から湯沢までの写真はありません。何回かスノーボードをしに苗場へ行っていますが、湯沢インターから苗場まではほとんど除雪されています。ただ、ところどころ凍っている箇所があるので、坂は注意しましょう。

雪が断続的に降り続いているような時は、除雪が追いつかないと思うので、数センチ積もっているかもしれません。以下で紹介している写真も、道路上に雪はありませんがノーマルタイヤでは行かないでください。


雪道に慣れていない人も慣れている人も、ウィンターシーズンは関越自動車道の湯沢インターから苗場まで向かったほうが良いですよ。2003年の2月頃に三国峠を通った時は、道路はアイスバーンでした。トンネル出口付近や途中のなんでもないカーブでスリップしてガードレールに衝突していたり追突していました。一部ミラーバーンになっているところもあり、スタッドレスを履いていても辛かったです。



2006(平成18)年1月2日豪雪


平成18年豪雪の年です。この日は、夕方からもの凄い積もりだしたので、撮影した時間には道路上にまだ雪はありませんでした。

画像1
国道17号線です。関越自動車道の小千谷インター付近。
画像2
関越自動車道の越後川口インター付近。軽トラの屋根付近まで雪の壁があります。

画像3
越後川口トンネル。
新潟から湯沢方面の高速道路上の写真です。
画像4
六日町トンネル手前。雪の壁が出てきました。

塩沢石打IC辺りから、道路上に除雪しきれていない場所があり、速度が90キロから40キロ弱まで落ちることが何回かありました。湯沢インターが近づくと雪の壁が極端にすごくなりました。3m近くありました。

画像5
塩沢石打インター手前9キロ
画像6
湯沢インター出口

画像7
パインリッジリゾート神立付近です。
画像8
苗場の駐車場入り口からちょっと入った所の圧雪路です。


2006年2月11日

2005年12月から2006年2月にかけて発生した大雪もひと段落しました。道路脇の雪はまだ沢山あります。

画像9
信号の高さを超えちゃってます。社会の教科書で見たような光景です。
画像10
南魚沼市内の市役所近辺です。

画像11
雪の壁がここまでになっています。タクシーと比較してもらえるとわかりやすいです。
画像12
駐車場(宿泊者専用ではないほうです。)
駐車場内も雪は無く、乾いていました。


Last Update : 2011.11.30


関連ページ


  • 特になし