AirStyle

カッティングシートで切り文字貼り - 初心者向け解説


カッティングシートを使って、漢字やアルファベットなどの文字を切り貼りして、自分だけのオリジナルボードにしよう!

自作ステッカーと比べて印刷をしていないので、1〜2シーズンは見た目変わらずです。カットの仕方を工夫すれば剥がれにくく耐久性が高いので、少し手間はかかりますがオススメの方法かなと思います。



用意する物


用意するもの

用意するものは、細工用アートナイフ(OLFA)、カッターマット(OLFA)、普通のハサミ、カッティングシート、インクジェット用紙(1枚)です。

普通のカッターは、細かい部分を切るのには苦手なので、細工用のカッターを買います。

材料は文房具屋で揃えられましたが、ホームセンターでも購入できます。


カッティングシート

カッティングシートの入手先は、大型ホームセンターです。赤,青,黄,銀など色々とあります。

1メートル数百円で切り売りしているものや、A4サイズにカットされたものが売られています。

今回はA4ぐらいの大きさのサイズを購入しました。



製作手順


位置決め

ボードに貼りたいフォントの書体を何種類か作り、インクジェット用紙に印刷をします。

印刷した紙をボードの上で斜めや縦に動かして、どこに貼るかをイメージします。

小さいサイズの文字は、あとで切り抜く時に大変です。


切ります

印刷した紙は、カッティングシートの裏に左右反転させて貼り付けます。

乾いたらカッターで切り抜いていきます。文字の外側はハサミで切ると作業が早いです。

細い部分は少し太めに切ったほうが良いです。細すぎると剥がれやすいです。


位置を決める

文字を切り抜いたら、字と字の間隔やどこに貼るか最終調整をします。好きな位置に動かして良さそうな位置を探してください。

文字の先頭の色を変えたり、書体を変えてみるのも良いと思います。位置を決めたら台紙を剥がして貼り付けます。


貼り付ける

貼り付ける際にドライヤーを使って、ボードの表面と文字を温めておくとしっかり貼れます。

ボードのエッジ付近は剥がれやすいので、少し離して貼るのがポイントです。

左の画像のようにエッジに近いと、1回滑っただけでyの下部が剥がれました。修正後は4回ほど滑っていますが剥がれていません。



Last Update : 2011.12.12


関連ページ


  • 特になし