AirStyle

よくある質問のQ&A - フェリーで行く北海道スノボ旅行


フェリーに関する何気ない疑問をまとめてみました。



メニュー



船は揺れますか?

新日本海フェリーに何度か乗船したことがあるのですが、台風が近づいてきたり寒気が強まったり、悪天候でなければ船酔いするほど揺れません。ただ、冬の日本海は荒れていることが多いので、運が悪いと通路を歩くのがやっとなぐらいです。

船酔いしやすい体質であれば早めに酔い止め薬を飲むなどして各自対策。各フェリー会社も横揺れ防止フィンスタビライザーを装備して、横揺れを抑えているようです。



女性専用の部屋はありますか

北海道へ行く航路だとほとんど船の中で一泊することになるので、安心して船旅を楽しみたいですよね。そこで、レディース専用の部屋があるか各フェリー会社を調べてみました。繁忙期や混雑している場合は、利用できないこともあるそうです。

  • 商船三井フェリー……カジュアルルーム(寝台)に女性専用を設けています。
  • 新日本海フェリー……2等、2等寝台に女性専用の区画を設けています。
  • 太平洋フェリー……2等、B寝台、S寝台に女性専用客室を設けています。


お風呂はありますか

ほとんどのフェリーには浴場があります。タオルやバスタオルを持っていったほうが余計な出費をせずすみます。

  • 商船三井フェリー……サウナ付きの展望浴場があります。タオルは持参してください。
  • 新日本海フェリー……水平線の彼方まで眺められるサウナ備えた展望風呂があります。
  • 太平洋フェリー……展望大浴場は乗船から入港30分前まで昼夜問わず入浴OK。タオル販売あり。


車で一緒に乗船できますか

原則ドライバーと同乗者が一緒に乗船は出来ないようですが、幼児がいる場合にフェリーターミナルに付き添いがだれもいない場合は、一緒に乗船出来るようです。

また、混雑する繁忙期は、同乗者も一緒に乗船出来ることもあるようです。私も繁忙期に新日本海フェリーを利用した際に、同乗者も一緒にフェリーに乗船しました。

  • 商船三井フェリー……運転者と同乗者は別乗船、付き添いが必要な場合可能。
  • 新日本海フェリー……車で乗船できるお客様は運転手のみ、同乗者は旅客ゲートから乗船。
  • 太平洋フェリー……規定並びに安全上の問題によりお車での乗船は運転者の方のみ。


乗船手続きに必要なもの

乗船名簿に必要事項を記入して、窓口で乗船手続きをします。車を持っていく人は乗船名簿と車検証が必要です。



乗船手続きは何分前までに済ませるの?

乗船手続きは、1時間〜1時間30分(夏の繁忙期は2時間前)までに済ませてほしいそうです。夏の繁忙期は混雑しますが、ウィンターシーズンは航路によると思いますが特に混むことはないです。年末年始は航路によりけりでやや混むかなってところです。

  • 商船三井フェリー……夕方便、深夜便とも出航60分(夏の繁忙期は90分)前まで。
  • 新日本海フェリー……出航60分前、夏期とゴールデンウィークは90分前まで。
  • 太平洋フェリー……概ね出港時刻の3時間前より乗船受付を開始、90分前までに済ませる。
  • 川崎近海汽船……出港の1時間半前までにターミナルに到着して、乗船の手続きをお願いします。


車に荷物を取りに戻れますか?

「あっ、、、あれ置いてきちゃった」という事がないように、乗船前に貴重品・乗船券・旅行に必要な荷物は、車から降ろして船室に持ち込んでください。

  • 商船三井フェリー……出港後、航海中は危険防止・保安上のため車両デッキは立ち入り禁止。
  • 新日本海フェリー……出航後は危険防止のため、車両甲板への立ち入りが制限されております。


船内のお食事

営業時間内ならほとんどのフェリーで食事が出来ます。一部売店のみというフェリーも中にはありますが、10時間以上乗る船ならほとんどあります。

食事は航路によって違いますが、バイキング、セットメニュー、カフェテリアとなっています。カフェテリアは、レストラン入り口でトレイを持ち、小鉢に入ったおかずやご飯等を好みで取り、最後にレジでお会計をします。

フェリー内の食事は、どんな感じですか?と以前聞かれたことがありますが、味はスキー場のゲレンデにあるレストランよりも美味しいですよ。フェリーの乗船記を検索していたら、たまに外れメニューもあるようですが・・・、乗船時間が長いので食べないわけにはいかないですね。

  • 商船三井フェリー……夕方便に運航するフェリーには、船内レストランが営業しています。
  • 新日本海フェリー……バイキング、セットメニューがあり、航路によって違います。
  • 太平洋フェリー……朝昼夕食共にはバイキングです。


割引やクーポンはありますか?

割引の種類は、往復割引、学生割引、団体割引とあって、その他にも運航会社によって色々とプランがあるようです。使用条件として他の割引と重複しての利用は出来ません。北海道行きのフェリーを調べてみると、割引率はどこも10%引きです。


往復割引

往復の場合は、【復路】の運賃を10%割引。往路乗船日を含め14日以内に復路に乗ることが条件です。学生じゃない人や団体割引を使えない方はこちらの往復割引です。


学生割引

だいたい10%割引ですね。学生割引を利用する時は、必ず学校で発行される割引証明証または在学証明書が必要です。(フェリー会社HPでご確認ください)


団体割引

北海道航路のあるフェリーは、だいたい15名(運転者を除く)以上のグループの場合に、旅客運賃が10%割引です。ただし、乗用車・オートバイ・自転車には適用されません。



携帯の電波はありますか

基本的に海上にいる時は、各社繋がりにくいようです。寄航する船に乗れば各港についた時に、メールや電話をすることが出来るので我慢しましょう。連絡を取りたい場合は、通話料が高いですが通信衛星をつかった船舶公衆電話が利用できます。

  • 商船三井フェリー……
  • 新日本海フェリー……航行区域によりましては、一部ご利用いただける海域もございます。
  • 太平洋フェリー……沖合いを航行するため各携帯電話会社のエリア外がほとんどです。
  • 川崎近海汽船……


Last Update : 2011.12.04


関連ページ


  • 特になし