AirStyle

屋内スキー場:スキー場が無い地域でも滑りたい!


ウィンターシーズン外でも滑れる場所が屋内スキー場です。スキー場とはいっても、滑走距離が60〜320mと短いので、スノーボードでフリーランを楽しむ目的には不向きです。

どちらかというと、スノーボードパークの屋内版と思ったほうがしっくりくると思います。ワンメイクやハーフパイプで遊びたい人には、夏でも遊べるので最適です。

東京や千葉在住でボードを体験したい方は、滑走距離が320mある狭山スキー場で滑る感覚を掴んでから雪山に行くといいかも。狭山は室内気温が外気温よりマイナス5〜6度低く保たれているだけなので、営業期間は10月中旬〜4月上旬となっています。



屋内スキー場一覧

屋内ゲレンデのある施設です。

  • 狭山スキー場(埼玉県所沢市)
  • スノーヴァ溝ノ口(神奈川県川崎市)
  • スノーヴァ新横浜(神奈川県横浜市)
  • スノーヴァ羽島(岐阜県羽島市)
  • カムイみさか(山梨県笛吹市)
  • アクロス重信(愛媛県東温市)


Q&A

何気ない疑問について調べてみました。


寒い?

狭山は外気温より4〜5度低い。他の室内スキー場のほとんどがマイナス3度となっています。夏でもゲレンデ内は寒いのでそれなりの格好をしたほうがいいでしょう。


服装は?

室内だから吹雪にはならないので、ボードやスキーウェアの上下に中は、スウェットかジャージで大丈夫。パークを利用する人はヘルメットが必要です。手ぶらで利用できるレンタルもオススメです。


Last Update : 2011.12.08


関連ページ


  • 特になし