AirStyle

スノボに必要な物&選び方 - 1〜3つのポイントで初心者向けに解説


スノーボードをするために必要な物は、スノボ一式(板、ビンディング、ブーツの3点)とウェア、あとはグローブと帽子が最低限必要(出来ればゴーグルも)な物です。大手スポーツ量販店や専門店、ネット通販で購入することが出来ます。このページでは、専門用語とか分からなくても分かりやすいように簡単な選び方を1〜3つのポイントで紹介しています。


スノボ用品一式

この3点は滑るための用具です。予算に余裕が無ければ3点セットを買うかレンタル。購入する時の優先順位はブーツ、ビンディング、最後にボードです。ネット通販を利用すると安く買えます。


防寒具

ビーニー(帽子)とグローブ(手袋)は、レンタルしていないスキー場もあるので、事前に購入したほうが良いかも。ウェアの下に着る服は普段着ているものやジャージで十分ですが、出来ればインナー(下着)は速乾性で発熱するものが快適。


小物類

予算に余裕がある時に揃えます。ゴーグルはその他のページでは、尻もちを付いた時に痛さを軽減するプロテクター(通称ケツパット)ちなみに、デッキパッドはスノボに貼る滑り止めです。


レンタル料金と全て買った場合の比較


下記の価格表はノーブランド激安3点セットなので、何度か滑ると物足りなくなるかな。でも、予算が少ないけどスノボやってみたいという人は、小物類だけ買って他は迷わずレンタル。ただし、ブーツのサイズが合わない可能性もあるので、平均サイズ外の方は事前に購入することをオススメ。


レンタル料金(湯沢エリア 1日借りた場合)

  • オールセット(小物除く) 3,500円〜6,000円
  • ビンディング・・・・・    ―
  • ブーツ・・・・・・・・    ―
  • ウェア上下セット・・・    ―
  • ゴーグル・・・・・・・ 500円〜(要確認)
  • グローブ・・・・・・・    〃
  • ビーニー・・・・・・・    〃

合計:5,000円〜(詳しくはスキー場HP)
space画像

格安で買い揃えた場合(楽天市場)

  • スノボセット・・・・・・・ 24,000円〜
  • ビンディング・・・・・・・   ―
  • ブーツ・・・・・・・・・・   ―
  • ウェア上下セット・・・・・ 10,000円〜
  • ゴーグル・・・・・・・・・  3,000円〜
  • ビーニー・・・・・・・・・   500円〜
  • グローブ・・・・・・・・・  2,000円〜

合計:39,500円〜



一口メモ

  • スキー場のレンタルで借りるよりも、周辺のレンタルショップのほうが安い。
  • 小物類(グローブやビーニー)は、貸していないこともあるので事前に要確認。
  • 電車やバスで行く人は、用具を収納して運ぶためにケース(その他参照)が必要です。


Last Update : 2011.11.13