AirStyle

インナー(アンダーウェア) ― スノボに必要な物&選び方



インナー画像

スノボ用のインナーを選ぶポイント

  • ファーストレイヤー……綿Tシャツよりは吸湿速乾性のTシャツがオススメ。
  • セカンドレイヤー………フリースやスウェットで大丈夫。寒ければ重ね着。

ウェアの下に着る服は普段着ているものやジャージで十分です。予算に余裕がある時にでも、ファーストレイヤーを速乾性で保温性のあるもの、出来れば発熱する(ブレスサーモ等)ものにすると、休憩後に体が冷えにくくなり快適になります。


1.ファーストレイヤー(肌に一番近い)

肌に直接触れる下着がファーストレイヤーになります。はじめの何回かは普段着ているTシャツやキャミソール等で構いません。ブラをヨガやフィットネス用のスポーツブラにする人もおられますが、既に持っているのであれば構いませんが特に用意する必要はありません。何回か滑って不快感を感じてから、スポーツ量販店で売っている速乾性の下着を購入しても遅くはないです。

下半身についても普段履いているもので大丈夫ですが、出来れば吸湿発熱素材を使用しているタイツ(ブレスサーモ等)を購入しておくとお腹が冷えにくいのでオススメです。


2.セカンドレイヤー(Tシャツの上に着る)

セカンドレイヤーはファーストレイヤーの上に着る服です。セカンドレイヤーに関しても、普段着ているフリースやスウェット、シャツなど冬の服装で大丈夫です。寒そうな時はもう一枚重ね着するなどの工夫で対処します。最後にスノーボードウェアを着れば準備完了。

下半身はジャージやスウェットをよく見かけます。私は普段フィットネスに使用している撥水性のあるウォーマーパンツを履いて、その上にアウターウェアのパンツを履いています。


おまけ:ケツパット

体を温かく保つことと同じぐらい重要なことが痛みの軽減です。初心者は連続でターンが出来るようになるまでは、転んで尻もちをついたり少休憩で雪の上に座ることがよくあります。当然ゲレンデとお尻が接している時間が長いので、お尻も冷たくなるし体も冷えて滑りたい気持ちが萎えてしまいます。

そこで、お尻を保護するプロテクター(通称ケツパット)を着用することで、楽しい気持ちを保とうということです。特にゲレンデがザラメ状(かき氷っぽい)でガリガリの時は重宝すると思います。

プロテクターというと物々しいですが、単にクッション付きのスパッツです。価格もスポーツ量販店で2,000円ぐらいから売られているので、痛い思いをしている人は試してみてはどうでしょうか?


Last Update : 2011.02.23

[PR] ブレスサーモ一覧

[PR] モンベル ジオライン一覧


関連ページ


  • 特になし