AirStyle

北海道新幹線が出来たら - 電車で行けるスキー場


北海道新幹線は、東北新幹線の新青森駅より函館市付近・小樽市付近を経て札幌市にる延長約360qに及ぶ路線です。途中、青函トンネルとその前後約82kmの間については、既に新幹線規格で完成しています。

新青森と新函館間の完成予定が2015年で、新函館から札幌が2020年完成目標ということで、そう遠くない将来に飛行機に乗らずとも、気軽に北海道へスノーボード旅行をしに行くことが出来ますね。



札幌駅と東京駅間が約3時間57分

360キロで運行した場合、札幌駅を0:00に出発し、新函館駅(仮称)0:45、新青森駅1:19、盛岡駅1:58、仙台2:35、大宮3:34、東京3:57という感じで着くそうです。

(北海道公式ページのhttp://www.pref.hokkaido.lg.jp/sk/skt/ekiroot/ekiroot.htmから引用)東京と札幌が約4時間って凄いですね。料金はいくらぐらいになるのだろうか?



倶知安駅に止まるということは

まだ予定ですが、倶知安(くっちゃん)駅にも停車するようなので、ニセコスキー場へもの凄く気軽に行くことが出来ちゃいます。駅からスキー場まではバスで約20分。どうせならニセコ駅にも停車してくれないかなーと、素人考えながら思っています。



Last Update : 2011.12.01


関連ページ


  • 特になし