AirStyle

簡単ペイント編:スノーボードのペイント方法


シーズン前にボードを貰ったので、前からやろうと思っていたボードの塗装にチャレンジしました。塗装が初めての人にも分かりやすく書きたいと思います。

注、塗装のプロではないので、分からないことは他のサイトで調べて、失敗覚悟でやってください。



塗装の準備と用意するもの


画像

塗装に必要な物


注意

塗装をする時は、換気の良い場所とマスクをしましょう。

あと、ペイントする時に気温が低いと乾燥するのが遅いし、梅雨や真夏の湿度が高い時は塗装に向きません。



印刷設定


エッジが錆びてる

エッジが錆サビでーす。錆は塗装する前に、金ヤスリと耐水ペーパーを使って、錆を落とします。そして塗装が終わってから最後に砥石で仕上げました。


下地処理

元のデッキの柄はこんな感じです。塗装前にデッキ表面を耐水ペーパー800番くらいで(水を十分にデッキに掛けてから)表面を軽くヤスリがけします。

ちなみに、手抜きでプライマーとサーフェーサーを吹かないで、脱脂だけにしました。白やピンクなどの淡い色を塗りたい時は、サフェーサーを塗らないと地が透けると思います。


マスキング

用意する物は、新聞紙とマスキングテープ(ガムテープ)です。新聞紙をボードの幅よりも、左右1センチぐらい短く切って、ソールをマスキングします。新聞紙の重なっている部分もテープを貼ります。


1回目の塗装

缶スプレーは、洗面器にお湯をいれて缶を温めて使うと良いです。スプレーとボードの間は20cmぐらいです。塗る時は一定のスピードで左から右1秒、右から左へ1秒と塗って、下に移動。

スピードはサッサって感じ(ゆっくりではない)一回目は下地の絵が透けて見えます。もっと吹きたくなりますが我慢です。全体を塗ったら20分ぐらい乾燥させます。


2回目の塗装

20分待ったら1回目と同じようにスプレーします。この時に乾いたかな?と塗装した表面を触らないようにしてください。

根気よく焦らず塗りましょう。調子に乗ってスプレーしすぎるとタレます。(過去に経験有)塗り終わったらまた20分待ちます。


3回目の塗装

3回目はスプレーする距離を10cmにします。塗るスピードは一緒で2往復します。(この塗るスピードの感じは、失敗を積み重ねないと覚えられません)

最後まで塗り終えたらまた20分ぐらい乾燥させます。途中ホコリが付いても触らないようにしましょう。


クリア塗装

乾燥させたら今度はクリヤーを塗ります。塗り方は一緒ですが最後はタレないように多めに吹く。クリヤー2回塗ったら1時間ぐらい乾燥させます。

気温によって乾燥具合が違うので、乾燥させて屋内にしまう時は、なるべく塗装した表面を触らないように持ちましょう。画像はクリヤを二回吹いた後の画像です。ツヤが見えますよね?1日経ってからマスキングを外します。


表面が凸凹

下地処理で手を抜いたせいなのか、クリヤーを塗装する頃になると、ペイントした表面がザラザラになってしまいました。



光沢を出します


乾燥後

このボードは外気温が10度以下だったので念のため4日〜5日間ほっといて完全乾燥させました。

乾燥したかどうかは軽く表面に爪の先をあてると分かります。水砥ぎするために風呂場に持って来ました。


サンドペーパー

耐水ペーパーは1200番と2000番です適当な大きさに切るか千切ります。1枚数十円です。これもホームセンターなどで手に入ります。

新潟ならコメリ、ひらせい、マックス、ムサシ、ユーホームなどのホームセンターにあります。


水をかけます

デッキにシャワーで水をかけます。たっぷりかけましょう。バケツかなんかに水を溜めておいて、耐水ペーパーが目詰まりしないようにしながら、力を入れないで全体をヤスリがけします。

1200番で塗装の凹凸をならして2000番で仕上げる感じかな?


水に濡れているとキレイ

水砥ぎが終わって水で削りカスを流したあとに撮影してみました。

水に濡れたままだとテカってますねー。(当たり前か)中古車が雨の日に良く見えるのと同じですね。


乾くとェ・・・

乾かすとこんな感じです。最終仕上げは車用のコンパウンドを使います。

スポンジにコンパウンド液を適量取り、ボードを30cmの間隔で縦と横を、交互に繰り返して磨きましょう。スポンジで擦ってだんだん液が見えなくなったら、次の場所を磨きます。


コンパウンドで仕上げ

全体を磨いたら一回拭き取ってみましょう。まだツヤがなかったら、4の作業をまたやります。左の画像は2回磨いて拭き取ったあとの画像です。

これで完成!鏡面仕上げっぽくなったでしょう?あとはステッカーなどを貼って自分好みに仕上げます。



耐久テスト

3回ぐらい滑ってみましたが、エッジ付近の縁が剥げてました。携帯電話の角が削れやすいのと一緒でしょうがないです。ウレタン塗装ならもう少し耐久性があるかも?



Last Update : 2011.12.12


関連ページ


  • 特になし