2008年2月11日:志賀高原一の瀬 - 長野県のスキー場ガイドweb版


2008年2月11日(月)晴れ

志賀高原一の瀬エリアのレポートです。一の瀬には4つのゲレンデがあり、山の神スキー場、ダイヤモンドスキー場、ファミリースキー場、タンネの森スキー場があります。15時ちょっと前に焼額山から一の瀬に移動しました。

午後3時を過ぎても青空が見えるので、ちょっと滑ると暑い暑い。ジャージの上着を着なきゃ良かった。お昼頃ヤケビの山頂でマイナス1度ほどだったので、この辺も同じくらいの気温だったと思います。こんなに天気の良い日なのに、ゲレンデはキュッキュと鳴るほど雪質良好です。

天気も良く暖かいし、景色も抜群で雪質も良好と過去最高にスノーボード日和を味わうことが出来ました。また、あちらこちらでコブ斜面を見つけることが出来たし、ポールバーンもあったりと、志賀高原はお気に入りのスキー場になりました。 以下は一の瀬スキー場レポートです。

焼額山スキー場から一の瀬へ行くには、プリンスホテル西館まで移動して、そこから一の瀬連絡リフトに乗ります。少しのスケーティングと若干ハイクする場所があります。連絡リフトに乗ると山の神スキー場に着きます。

山の神スキー場からダイヤモンドスキー場に行けます。そして、ダイヤモンドの斜面を滑り降りると、無料のサンキッド(スノーエスカレータ)があるので乗ります。スキーヤーはそのまま乗れますが、ボーダーは手で板を持って乗ってください。

終点から連絡橋を渡ると一の瀬ファミリースキー場です。 ファミリースキー場からタンネの森スキー場へも滑って移動出来ます。

画像

一の瀬ダイヤモンドから一の瀬ファミリースキー場を写してみました。右端に高天原スキー場が見えます。

画像

焼額山から山の神を通過してくると、このダイヤモンドスキー場の斜面に出ます。

画像

ダイヤモンドスキー場の動く歩道(サンキッド)近くに、ちびっこ広場がありました。

画像

ダイヤモンドからは連絡橋を渡り、ファミリースキー場へ行きます。連絡橋へは少し斜面がありますが、動く歩道があるのでハイクをしなくて済みます。

画像

動く歩道はこんな感じです。

画像

一の瀬ファミリースキー場です。

画像

パノラマかパーフェクトターンコースから滑り降りてくると、4連ウェーブがあります。4連の最後で気を抜くと、プチ2連ウェーブがあるので、油断するなかれ。

画像

ここまで来て下部だけ滑るのもなんなので、一気に頂上へ行きます。リフトからの眺めが良かった。

画像

手持ちのコースマップが無いので、リフト降り場にあったコースマップで、パーフェクトターンコース(上級)をまず滑ることにした。最大30度あるということですが、実際に滑ってみると大したことはなかったです。でも初級者にはちと急に感じるところも無くは無い。

画像

ファミリースキー場のメインゲレンデ上部です。こちらのほうが、見晴らしもよく斜度の割には急に見えます。下から見ると浅く見えるコブも、そこそこの深さでした。

画像

パトロール隊の後を付いて行くと、モーグルラインを発見。

画像

スピードを出しすぎず、落としすぎないように、1コブ1コブ削ってみようと滑ったら、3コブ連続クリア出来ました。おー滑れた滑れたと気を抜いたら、4コブ目で失敗・・・・・・。でも面白かったー。

画像

タンネの森オコジョです。空いているしのーんびり滑れる雰囲気が良かった。

画像

ファミリー上部へ行くリフトから、滑ることが出来る天狗コース(初級)です。全長が3キロある林間コースです。 コース途中でスキーヤーがコース脇に落ちてしまったようでお仲間に助け出されているところでした。まだ何人か落ちてるかも?と思い、声をかけてみたところ「大丈夫です」と声が返ってきて一安心。

スキー初心者の人は、ボーゲンでターンが出来れば楽しめます。スノーボーダーは、コースの幅があまり広くない(迂回コース)のと、初心者スキーヤーがボーゲンでゆーっくりターンをしているので、緩斜面で半径の小さいターンが出来ない人は、お互い危ないので天狗コースはオススメしません。

また、飛ばしてくるボーダーもいるので注意しましょう。 初中級者には飛ばしやすい斜度ですが、後ろから勢いよく迫られると怖いものなので、前方の初心者優先で滑りましょう。自分もちょっと反省してます。

天狗コースを滑ったあと、焼額山へ返ろうと慌ててダイヤモンド→山の神→やけびた・・・・い?目の前に焼額山の第1高速があるのに、ちょうど終了したようです。やっちまったー!

しょうがないので、今さっき来たコースを引き返し、シャトルバス(長電バス)のバス停を探します。

画像

ファミリーとダイヤモンドの連絡橋から湯田中方面へ行くバス停を見つけていたので、プリンスホテルへ向かうバス停も簡単に見つかった。

暇つぶしに時刻表を見ると、1時間に1〜2本走っているようで、20分ほど待てば16時50分台のバスがくる。シャトルバスなんて、野沢温泉のマイクロバスしか乗ったことないし、バスなんて何年も乗ってないぞ。持ち込み料とか取られるのかな?

画像

乗るときは後ろからなので気をつけましょう。車内はボード置場とかないので、直接足の間に立てて置きます。友人や連れと行った時は、ボードをソール同士重ねると、二人がけの席もさほど狭くなく座れます。他人同士で混雑している時は、どうなんだろうね?

降りるときはボタンを押して、前から降ります。料金はシャトルバス運行時間の間は、リフト券を見せて、ハンディーリーダーで読み取ってもらってから降ります。

Last Update : 2011.12.28

関連ページ


  • とくになし