ゴンドラ降り場

初級コースレポート|志賀高原:焼額山|長野県のスキー場ガイドweb版


焼額山のコースガイドです。中級コースを滑れる技術があれば、長い滑走距離を滑ることが出来るコースが何コースもあるので、初中級者にはヤケビはオススメです。初級者向けコースは連絡コース2コース含む計6コースあります。

プリンスホテル西館前にある唐松か南館前のサウスコースで練習してから、パノラマアウトコースからサウスコースと滑り降りてくると、山頂からベースまで滑り降りてこれます。

パノラマアウトコース(初級)

最大21度、平均10度、距離2500m

志賀高原で初めて滑ったコースです。山頂から一気に滑り降りていけるし、上部からの景色が最高です。最大斜度が21度とありますが、初級者にとっては一部急に感じる場所があるだけで、その他は適度な斜度だと思うので、初級者が中級コースデビューするには、このコースでも大丈夫です。

パノラマインコース(初級)

最大18度、平均11度、距離1000m

山頂にある唯一の初級コースです。初級コースなんですが、片側に傾斜しているのでスキー初心者やスノボ初心者が滑るには、あまり向いていません。

あと、中間はコースの幅があまり広くないので、初めてスノーボードをする人をいきなり連れていかないようにしましょう。連続ターンが出来ればパノラマアウトよりも空いているので、楽しいと思えるかも。

イーストコース(初級)

最大21度、平均11度、距離1100m

リフトから降りてコース上部にありました。スーパージャイアントスラロームを滑り降りた時に見つけました。


イーストコースにあったのは、これ1ヶ所だけです。スノーパークは第2ロマンスリフト沿いです。

イーストコースを滑り降りてくると、ポールバーンのスタート地点があります。左に滑るとミドル連絡コース。

ジャイアントスラロームコース(中級)

最大25度、平均11度、距離2400m

一回しか滑っていないので、あまり記憶が無いです。所々浅いコブ斜面がある程度で、あとは長い距離を滑れたのが気持ち良かったなー。と思い出してみる。詳しくは次回以降!

ミドル連絡コース(中級)

最大21度、平均16度、距離600m

スーパージャイアントスラロームから滑り降りて、左側に曲がるとこのコースです。第3高速に乗りイーストコースを滑り降りてきても、滑ることが出来ます。10本ほどポールがありました。

上級コース案内

中級者が上級コースに挑戦するのであれば、最初はオリンピックコースが良いです。コブ斜面に挑戦する時は、少なくとも上級コースをゆっくりターンが出来るぐらいの技術がないと、暴走した時に制御出来なくて横方向に暴走して危険なので、自分の技量がまだという人は、遠慮してください。

スーパージャイアントスラローム(上級)

最大27度、平均10度、距離2350m

真ん中近辺のコブは、間隔が広くて溝っぽく深いです。両端のコブは比較的浅くて間隔広めだったので、コブが苦手な人でも一コブずつ滑って、慣れたらコブとコブを繋げて滑るようにすると、上手く滑れるようになります。

オリンピックコース(上級)

最大30度、平均21度、距離650m

前半から4分の1ぐらいがちょっと急です。見晴らしがいいので斜度以上に急に感じます。一気に滑り降りると気持ち良いですよー。

ミドルコース(上級)

最大21度、平均16度、距離400m

最大斜度が21度と中級コースぐらいの斜度しかないのですが、非圧雪ゾーンでコブがあるので上級となっています。コースマップにも注意書きとしてありますが、天候やコース状況が悪い時は、ある程度滑れる人で2人以上で滑走してください。

エキスパートコース(上級)

最大39度、平均32度、距離200m

オリンピックコースの上部から行けます。エキスパートは距離が200mしかないので、コースってよりはちょっと急斜面を体験してみたいという人向きです。

Last Update : 2011.12.28

関連ページ


  • なし