赤倉観光

赤倉観光スキー場 - 新潟県のスキー場ガイドweb版


空からボタボタと雪が舞い落ちる中、赤倉観光スキー場に到着。妙高周辺のゲレンデは、どこもこんな感じで、雪を踏みしめるたびにキュッキュと鳴り、転んでも痛い思いをせずに済みそう。

赤倉観光の入り口は、ホテルゲレンデ(リゾートセンターや赤倉観光ホテル)とチャンピオンゲレンデ(託児所あり)の2ヶ所あります。妙高高原インターからは、県道39号を走るとゴンドラのあるホテルゲレンデが先にあります。

赤倉観光を滑った印象としては、主に中級者が楽しめるコースが多いですね。例えば、初・中級者であればゴンドラに乗り山頂付近から約2.6kmを滑るプラン、中・上級者であれば山頂から中腹までの約2kmをガッツリ楽しむプラン等々。

連続ターンが出来るようになってある程度滑れる初級者、フリーランが好きな中級者にとって、現在のレベルからステップアップするためには調度良いコースがあります。連続ターンを習得中であれば、お隣の赤倉温泉が初級コースが多くオススメです。

初心者〜初級者向けピックアップ情報

初級コースは、ホテルとチャンピオンの2ヶ所にあります。双方を行き来するには、徒歩(約100〜200m)かリフトに乗って中級コースを滑る必要があります。

斜度が緩やかなコースは、ホテルゲレンデの下部が一番緩いです。ただ、ゴンドラで周回する方も滑り降りてくるので、混雑してそうな時はチャンピオンゲレンデの下部が、のんびり滑ることが出来て良いと思います。


初心者

スノーボードと斜度に徐々に慣れることが目的であれば、ホテルゲレンデの下部にあるビギナーコース。駐車場が見える辺りからリフト乗り場までは、超緩斜面になっています。急に感じる斜面がないので初めての方にオススメ。ただし、斜度が平坦に近く逆エッジが起こりやすいので要注意。

緩い斜面に慣れたら第2高速に乗り換え、適当な場所を見つけて横滑りを覚えたり大回りのターンを練習してみてはどうでしょう。

リフトが苦にならず乗り換えも気にしないのであれば、お隣の赤倉温泉が初級コースが多くオススメします。赤倉観光とはコースで繋がっていますが、初心者が滑って移動するにはオススメできません。


初級者

連続ターンが出来れば、ゴンドラからベースまでの周回コースを楽しめると思います。途中何ヶ所か急に感じる場所(個人差がある)があるので、暴走をしないように気をつけること。

チャンピオンゲレンデ下部にあるビギナーA&Bコースも、のどかな時間が流れており楽しめるコースです。慣れない中級コースを滑る時は、思いの外スピードが出ると思うので後傾にならないことと、無理だと判断したら横滑り(木の葉落とし)をしてやり過ごしましょう。

ホテルビギナーコースホテルビギナーコース
ホテルビギナーコースホテルビギナーコース

ナイター情報

ナイターはありません。

パーク情報

ホテルゲレンデの上部にメインパークがあります。ゴンドラから降りて赤倉観光ホテル側に滑っていく途中にありました。写真にはボックスやレールしか写っていませんが、キッカー等がありました。

パーク1
パーク1

レンタル&更衣室

リゾートセンターや徒歩圏内にレンタルショップ(更衣室付き)があります。

宿泊施設

ゲレンデ内にある赤倉観光ホテルはもちろん、温泉街ということもあり周辺にたくさんのロッヂや旅館があります。赤倉温泉側の宿も探せば、繁忙期でも予約をとれると思います。


Last Update : 2011.12.21

関連ページ


  • なし