妙高杉ノ原スキー場

妙高杉ノ原スキー場 - 新潟県のスキー場ガイドweb版


妙高杉ノ原は全体の80%が初・中級向けの斜面があるスキー場です。妙高杉ノ原は、ゴンドラがある杉ノ原ゾーンとコースの幅が広い三田原ゾーンに分かれています。お天気が良い日は、山頂から富士山を見ることが出来るので探してみよう。

連続ターンが出来れば、ゴンドラ沿いの初級コース(約3,000m)でロングクルージングを楽しむことが出来ます。宿泊施設も周辺にたくさんあるので、スノボ旅行の候補に入れてみてはどうでしょうか。

初心者〜初級者向けピックアップ情報

初めてスノーボードをする方は、杉ノ原ゾーンの白樺コース(ゴンドラ沿い)がリフトに乗らなくてもいいのでオススメです。混雑をしている時は、三田原ゾーンのパノラマゲレンデ(コース幅が広い)がオススメです。

ゴンドラ山頂駅からパノラマへ行く三田原連絡コースは、少し急に感じる斜面だと思うので、木の葉落とし(板を横に向けて左へ右へ)で滑り降りましょう。

2008-2009までは、三田原第一高速沿いが一番オススメだったのですが、廃止されてしまいました。

杉ノ原ゾーンにあるファミリーコースは、コース終盤から第1ロマンスリフト乗り場まで超緩斜面が続き、スケーティングをすることになります。若干うねっている場所もあるので、スケーティング初心者には辛い場所でした。

パノラマコースパノラマコース
白樺コース白樺コース

ナイター情報

通常のナイター営業はありませんが、プライベートナイターはあります。

パーク情報

三田原ゾーンのパノラマゲレンデにスノーパークがあります。初級者から上級者まで楽しめるアイテムが豊富。

パーク
パーク

レンタル&更衣室

スキーセンターにはロッカーと更衣室。日帰りバスセンターと第1駐車場には、レンタル、ロッカー、更衣室が備えてあります。ゲレンデ外にも杉野沢地区に数軒のレンタルショップがあります。

宿泊施設

妙高杉ノ原スキー場から徒歩圏内には約40軒(杉野沢観光協会調べ)のロッヂや民宿があり、妙高エリアを含めれば約200軒の宿泊施設があります。



格安で泊まるならBLACK BOX

BLACK BOXとは、当日までどの宿に泊まるか分からないけど、1泊2食にリフト1日券が付いて6,500円(特日でない平日)という宿泊パックです。妙高エリアのホテル・民宿・ペンション等、約200軒が参加しており、数百円の割増料金でスキー場に近いエリアを指定出来るようですね。

当日の流れは、ランドマーク妙高高原(温泉かふぇ)で、料金精算・リフト券・宿泊場所の決定となります。温泉かふぇから妙高杉ノ原までは車で4分。詳細は妙高杉ノ原HPで確認してください。


Last Update : 2011.12.22

関連ページ