AirStyle

試作してみたよ:自作ステッカーの作り方


注、このページの作り方は防水が無いので、スノーボードに貼るには向いてません。



プリンターにセット

素材

今回ステッカーの用紙に選んだのは、エーワンのハガキサイズのプリンタラベル(ノーカット4枚入り500円)を使用しました。他にもエーワンから色んな種類が出てていましたが、今回はメタリックでやることに・・・


用紙をセット

プリンターの電源を入れて、用紙をセットします。
プリンタメーカーによっては、用紙を入れる向きが違うので良く確認してください。



印刷設定

印刷したい画像

画像を保存してある場所から、ステッカーにしたい画像を選んで、プリンターをクリックします。


印刷ウィザード

写真の印刷ウィザードの開始と画面が出るので、「次へ」をクリックします。


印刷オプション

印刷のオプションが出ると思うので、「印刷の基本設定」をクリックします。そうするとプロパティが出ます。


プロパティ

プロパティの「基本設定」にある用紙種類を、プリンタラベルに付いてくるプリンタドライバ設定表を見ながら設定します。

ここで使うのはEPSONのPMシリーズなので専用光沢フィルムを選択します。


用紙設定

次は、プロパティの用紙設定をクリックして用紙サイズをハガキ100×148mmを選択します。選択したらOKを押します。

押したら印刷オプションに戻るので、次へを押します。


レイアウト

次へを押すと、レイアウトの選択が出るので、フルページFAXプリントを選び次へをクリックします。


印刷開始

印刷が始まって、出てきます。印刷している間結構うるさいです。静かなプリンタが欲しいー。


完成

出てきたステッカーを、ハサミかカッターで余白を切れば出来上がりです。



完成!そして耐久テストへ・・・

耐久テスト

印刷した自作ステッカーをスノーボードに貼って、いざスキー場へ!一滑りしてからリフト待ちの時に、ステッカーを見てみると、あれ?

休憩前にじっくり見ると、印刷したインクが雪と一緒に流れ落ちていってる(´・ω・`)


インクが落ちた

最終リフトに乗る頃には、インクが全部脱色・・・ではなく落ちていました。後で調べてみたら、売っているステッカーは印刷したインクを保護するのに透明なフィルムを重ねてあるそうです。

ということでめげずに次回は、ステッカーの上に保護フィルムを貼って再度チャレンジしようと思います。



耐久テストを終えて

今回紹介したこの方法は、下地をシルバーにしたかったので、インクを吸収しなくて耐水性&耐久性がまったくありませんでしたが、インクジェット用と仕様に書いてあれば、2〜3回ぐらいなら耐えるだろうと思います。

今回のは、スノーボードや水周りには使えませんが、ちょっとしたイベントがあって、お金をかけずにステッカーやシールを作りたいという時には簡単に作れるので向いていると思います。

プリンタも普通に買えるインクジェットプリンタを使っているので、ハードルはもの凄く低いです。自作ステッカーTOPで、透明ラベルを貼る方法を紹介しています。



Last Update : 2011.12.12


関連ページ


  • なし