AirStyle

カーフィルムで防水できるかな?:自作ステッカーの作り方


前回は考えが甘すぎて、1回滑り降りただけでインクが消え始めてしまったので、今回は1日ぐらいは持ちこたえる仕様にしようと思います。ホームセンターのインクジェット用紙の売り場で色々探してみましたが、耐水用紙はあっても防水用の透明シートは見つかりません。

他の売り場をグルグル周りながら、使えそうなものを探してたらありました。車の窓に貼るスモークフィルム!ではなくて、UVカットの透明なフィルムです。今回はこれに決めました。



印刷設定

用紙

左から耐水ラベル2枚とシルバーのプリンタラベルに、画像を印刷しました。


カーフィルム

カー用品の売り場で見つけたカーフィルム。フィルムの厚さが少しあるので、出来上がりが肉厚になるかなーと思いましたが、翌日に滑る予定が迫っていたので即購入。


フィルムを貼る

UVフィルムを印刷した面積より2cmぐらい大きく切ります。切ったらUVフィルムの剥離シートを剥がして、ステッカーの上に貼ります。

貼るときは端から少しずつ空気を抜きながら貼ります。耐水ラベルは上手く空気を抜けたのですが、シルバーのラベルは微妙に空気が残りました。


余分なフィルムをカット

今回ハサミで切ったのですが、ステッカーの厚さがあるせいか切りにくかったです。

切り終わると端に少し空気が入るようなので、また押し出します。特に端っこは、隙間があると水が入るので、念入りに定規等を使って押し出してください。



完成!そして耐久テストへ・・・

テスト

耐久テストに使用したのは、シルバーの台紙で作ったステッカーです。左の画像は、4時間で16回滑った後のステッカーです。

ステッカーの端っこが、若干滲んでいました。何度でも剥がせるフィルムのせいか、粘着力が弱いので水が染みたみたいです。


今回は天気が良く雪も降らず良い条件だったので、見るに耐えないほどにはならず、1日持たせることが出来ました。


結果

左の画像は、耐久テストから8日目の状態で、1日15リフト×8日滑走後の画像です。

3月上旬のビショビショに湿った雪を滑ったので、インクの滲みが早くなったようです。



Last Update : 2011.12.12


関連ページ


  • なし