AirStyle

夏でも滑れる人工芝スキー場レポート


ゴールデンウィークを過ぎればほとんどのスキー場は営業終了です。でも冬まで待てないって人にオススメなのが、人工芝のコースを滑るサマーゲレンデです。

人工芝というとグラススキーを思い浮かべる方も居ると思いますが、ここで紹介するスキー場は、貴方が冬に使っているスノーボード一式あれば滑ることが出来ます。



サマーゲレンデとは?

プラスチック状の人工ブラシが敷き詰められていて、雪が無くてもスノーボードやスキーで滑走できるゲレンデです。

一部のスキー場にはウェーブやモーグルコースもあります。プラスノーを使用しているゲレンデはほとんどボードOKです。



メニュー



必要なもの

スノーボー

  • ボード用具一式(冬物でOK)
  • 長袖Tシャツ
  • ウェア(パンツのみ)
  • 手袋
  • 日焼け止め
  • 水分
  • チケットホルダー(意外と忘れやすい)


白馬岩岳サマーゲレンデをレポート

岩岳で滑るには、普段滑っている中級コースを連続ターンで降りれれば大丈夫です。初めてのときは、長袖と手袋必須です。


2007年8月12日、長野県白馬村にやってきました。この日の気温は、なんと35度あるそうです。エアコン全開にしていますが効き目がありません。

白馬駅付近が若干混んでいましたが、とくに渋滞に巻き込まれることもなく白馬岩岳スキー場に付きました。

駐車場でボードウェアに着替えて、板を持ってリフト券売り場へ歩く。お客の半数以上がゆり園目当ての客なので、ものすごく場違いに思えてきました。

画像1

この日の格好は、上が長袖Tシャツ、下がボードウェアです。グローブは軍手を使用。

ゲレンデを見ると、休憩を含めて30名ほどが居ました。そのうち、ボーダーは自分達を含めて4名でした。

さっそくリフトに乗ります。ペアリフトに乗る時は、冬と違ってボードは外して手に持ち乗車します。

混んでいないので1人ずつ乗車しました。

画像2

このペアリフトは全長497mで乗車時間4分ほどです。乗り始めはユリを眺めながら、まったりしていたのですが、次第に額から汗が流れ落ちてきます。

終点に付く前に脱水症状になるかもーなんて言ってられないので、ボードを落とさないようにグローブを外して袖を捲り上げました。微風が心地良い♪

ちなみに、ここの写真に写っている花は、白馬いわたけ「ゆりの園」にあるユリです。

画像3

リフト降り場はこんな感じになっています。ボーダーやスキーヤー以外にも、ゆりの園に向かう一般のお客もいるので、リフトの速度もややゆったりめでした。

とりあえず、日影を探して小休憩。まだ滑ってないんだけどねー。

涼んでいる間に、他の人の滑りを見学。

見た感じ慣れていなさそうな人は、所々で転んでいます。難しいんだろうか?

画像4

さっそく人工芝(プラスノー)をチェックします。ゴルフのパター練習で使うような芝ではなく、ブラシ状なんですね。

三角穴の大きさは、コンビニのおにぎりサイズぐらいだったような気がします。

ソールの裏から伝わる感触は、ゴツゴツではなく何だろ?。柔らかくはなかったな。

画像5

滑った感じは、曲がる感覚がドリフトターンぽかったです。ちゃんと基本を思い出して滑らないと、エッジがズルっといきます。

感覚としては、ちょっと固めの雪面を滑る感じに近かったです。

コース中間からのコース風景です。リフト乗り場の手前50mぐらいから、散水されていないので、かなり手前で止まってしまいます。

画像6

コース途中の所々でプラスノーの継ぎ目がずれて隙間が出来ていたり、若干盛り上がっていたりして、引っ掛かりそうで精神衛生上あまりよろしくなかったです。

滑りをよくすために、コース上に数分感覚で水を散水していましたが、場所によってはあまり濡れていなく若干ブレーキが掛かるところがあります。まぁこの暑さだから、すぐに乾くのはしょうがないですがね。

画像7

1本滑った後のソールです。見た当初は、ソールが傷ついたのかと思いましたが、プラスチックが摩擦で溶け張り付いていました。

まったくキズが付かないわけではなく、小石などで多少傷が付くので、気にする人はレンタルかお古の板を使用しましょう。

ビンディングは、草や泥で爪先と踵部分が汚れていました。

画像8

Last Update : 2011.12.08


関連ページ


  • なし